貝殻をまとった非常に珍しいアオイガイが生きた状態で見つかった

貝殻をまとった非常に珍しいタコが生きた状態で見つかったのだそうで、アオイガイという名前なのだそうですが、パッと見て感じではタコに見えないような容姿をしています。

この貝殻は雌が自分で分泌した物質によって作り出されるようで、自由に貝殻から出入りすることもでき、卵はこの貝の中で産むようです。

貝から取り出すと小さなタコのの容姿になるのだそうですが、貝殻の形が植物のアオイ身にていることからアオイガイという名称で呼ばれるのだそうで、別名カイダコとも呼ばれているようですね。

アオイガイが生息している地域は基本的には、温帯・熱帯気候の海の表層付近で浮遊しているのだそうで、死んだ者状態で発見されることは、今までもよくあることのだそうです。

雌と雄で大きさが大分違うようで、雄は小さく貝も持っていないのだそうで、雌は30CM程と非常に大きさに違いがあるのも特徴なのだそうです。